お問い合せ トップページ








腰部脊柱管狭窄症とは腰の神経の通り道である脊柱管がそれを構成する骨や椎間板、靱帯などによって狭くなり、腰の神経を締め付けることによって症状がでてきたものです。病態には種々のものがありますが、生来の狭窄に加えて退行変性により中年以降に発症することが大半です。症状は下肢の痛み・しびれや歩行困難です。しばらく休憩すると症状が軽くなり再び歩行可能となる時は間欠跛行と言い、特徴的な症状です。
(治療)軽症の場合、まずお薬を飲むことや注射による保存療法を行います。症状が強く、足の神経麻痺がでてきた場合には入院治療や手術が必要になる場合があります。
(手術)お年の方では神経の圧迫の主因である骨を部分的に除去し神経をゆるめます。腰骨のぐらつきが強い場合は金属で骨同士を固定する場合も有りますが患者さんによって異なります。
Copyright(c) 2004 Keiyu Orthopaedic Clinic. All Right Reseved.